記事一覧

大阪なんでもジャーナル 投稿者が通常の10倍に独断と偏見で選ぶ DragonQuest

大阪なんでもジャーナル 安田龍二です。



投稿者が通常の10倍に独断と偏見で選ぶ DragonQuest

という事でランキング形式で発表します。









第6位:DragonQuest 7 エデンの戦士達

2000年発売


DQシリーズでボリュームがあり、投稿者は気に入っている作品だが、往年のDQファンからの

評価は低い。シナリオも陰鬱としているのがマイナスなのか?

投稿者はイチオシだ。











第5位:DragonQuest 8 空と海と大地と呪われし姫君

2004年発売


PS2初のDQである。

投稿者は始めてプレイした時はワクワクした。

これはファン達の中でも賛否両論あるが、投稿者はかなり良い作品だと断言する。













第4位:DragonQuest 2 悪霊の神々

1987年発売

投稿者は生まれておらず後追いでプレイした。

87年とは思えないほど練りこまれており、BGMも素晴らしく良い。

フィールド曲 遥かなる旅路は何度聴いても飽きない。

ラスボス、 破壊神シドーや大神官ハーゴンなど今だに人気が根強い。











第3位:DragonQuest 3 そして伝説へ・・・


1988年、DQ3作目である。

普通、3作目になると劣化するはずだが、むしろより向上しているのが驚きだ。


BGMも壮大になり、冒険の旅やゾーマ戦で流れる戦闘BGMは鳥肌物

カンダダ、バラモス、キングヒドラなどは未だに根強い支持がある。



闇の大魔王ゾーマの名言

なにゆえ もがき 生きるのか? 滅びこそ 我が喜び。 死にゆく者こそ 美しい。 さあ 我が腕の中で 息絶えるがよい!



等、ゾーマの人気はNo.1である。









第2位:DragonQuest 1

1986年発売

全てはここから始まった・・・そうドラゴンクエスト1だ。

今プレイしても少しボリュームは足らないが、十分に楽しめる名作。

これをプレイせずにドラゴンクエストは始まらない。



りゅうおうや変身形態後の竜王も未だに人気が根強く。絶対にプレイして欲しい逸品。













第1位: Dragon Quest 5 天空の花嫁


1992年発売


ちょうど投稿者が生まれた年に発売されたDQ5

これが投稿者にとって始めてプレイした馴染み深いドラゴンクエストだ。

花嫁を選ぶ、モンスターを仲間にするなど今までには無いシステムを取り入れ


成功したドラゴンクエストだと投稿者は断言する。

後にドラゴンクエストモンスターシリーズが発売された。



ゲマやジャミ、ゴンスなど悪役も際立っており、主人公の父親パパスが

これらの悪役達に殺されてしまうなど、感情移入してしまう部分もあり。

今までのドラゴンクエストとは一線を画している。



SFCになりBGMの良さも拍車にかかり益々ハマってしまう程の逸品








コメント

コメントの投稿

非公開コメント

楽天市場

プロフィール

安田龍二

Author:安田龍二

PR

株式会社DMM.com証券

GMOクラウド株式会社

エックスサーバー株式会社